猫がキャットフードを食べない時について

猫と生活をし始めて最初のうちはご飯を勢いよく食べたけどだんだんとキャットフードを口にしなくなったという経験をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。猫がご飯を口にしない理由はいくつかあると言われています。その中でも一部分ですがどんな原因があるのかについてを説明します。

まず1つ目は放置のし過ぎが原因で食べなくなることです。例えば猫にご飯を与えても食べない時にいつか食べるだろうと放置をしておくとキャットフードのニオイはどんどんなくなり、興味を示さなくなることがあります。猫は食べ物をニオイで食べるか食べないかの判断をすると言われています。ニオイが消えてしまうと急に見向きもしなくなる可能性もあるため、万が一食べなかったとしても放置をせずに古いものは捨て、新しいご飯を用意してあげましょう。

続いて2つ目は穀物原料が原因で食べなくなることです。本来猫はタンパク質の食べ物を好むと言われており、穀物原料などはほとんど口にしませんでした。その為、穀物原料のご飯には見向きもしない場合もあります。こういった場合、高タンパクの食べ物を用意するなどして工夫をするといいでしょう。しかし、口にしないと言って何度もご飯を変えるのは逆効果になることもあるので事前に調べてから購入をするようにしましょう。